旅の魅力の一つは、普段の日常が特別に感じられることです

ロシアへ旅行に来て3日が経過しました。3日経っても、本当にロシアに来てしまったことに現実味が感じられないでいます。自分の一人の力では絶対来ることができなかった国に遂に来ることができて、ふと考えるだけで驚きと嬉しさの入り混じった気持ちになります。
すっきりレッドスムージー 効果

今日は、これからの滞在費について考えていました。もともとロシアに住んでいた友人はアパートに住んでいたため、それほど滞在費が高くならずに済んでいるのでとてもラッキーでした。なぜなら、友人と生活費を折半できるからです。友人が家賃、光熱費、食費も半分だからです。友人も私と同じように経済的な負担が軽くなるから喜んでいました。もっとも、友人がちゃんとした仕事を持っていて、生活費が十分にあるのならば、全て支払ってくれるかなと淡い期待を抱いてしまうのですが、その友人は現在求職中で、金銭的に余裕があるように見えなかったため、自分から折半することを申し出たのです。
とは言っても、自分自身も決して裕福な身分でもなく、仕事も一旦休止している状態なので、リッチに旅行気分を味わうことはないでしょう。だけど、ロシアという全く未知の世界に自分がいるという事実を考えただけでも、ワクワクする気持ちでいっぱいです。
友人はこんな気持ちを知る由もなく、特段何をするわけでもなく日常を過ごしているけれど、日本人の私には、全てが物珍しく見えています。これからまだまだ続く旅ですが、何をするにしても楽しむ気持ちを忘れず、時間を大切に過ごしていきたいと思います。

旅の魅力の一つは、普段の日常が特別に感じられることです

昨年結婚した私達は、10歳差カップルです。

私は、昨年夏に結婚しました。
旦那さんは、10歳年上です。
独身時代、恋人にするなら、結婚するなら、同じ歳か年下がいいとか思っていたので、自分でもびっくりです。
私から積極的にアプローチした訳ですが。
人生、出会いってわからないものです。
先日、あるクイズ番組のアンケートで、「昨年結婚したカップルの年齢差」というテーマでやっていて、
正解は、2歳差か3歳差だったと思います。
10歳も離れてる私達って、イレギュラーすぎるのか…。
インクリア

私達に関しては、旦那さんが若く見えるので、あまり歳の差を見た目に関しては感じません。
ただ、会話でジェネレーションギャップを感じる事はあります。
昔流行っていた番組とか人気のあったアイドルとかの話になると、え?そんな人知らないと思う時があります。
私が小学生だった時、既に旦那さんは大学生だった訳ですからね。
そう考えると、自分の事ですが、すごいなぁって思うわけです。
そんな旦那さんが、今まで理髪店で髪を切ってもらっていたのですが、
今週、私の行きつけの美容院で切ってもらいました。
旦那さん、46歳で美容院デビューです。
さすが、私が長年信頼している美容師さん!更に若返りました!
私の両親や旦那さんの両親にもすごく好評です。

昨年結婚した私達は、10歳差カップルです。